略奪愛は幸せになれるのか

略奪愛は悪いこと?

恋人がいる相手のことを好きになってしまった経験ありませんか。
アンケートをとってみると恋人のいる人を好きになってしまった経験をしている人は非常に多いのです。
中には好きになる人はみんな恋人がいる人ばかりなんて声もあります。

恋をしている人は素敵になるといいますし、恋人のいる人だからこその魅力があるのかもしれません。
またそういった話題が出ず、知らないで好きになってしまい、実は相手に恋人がいたなんてパターンもよくありますよね。

そういったとき、どうする人が多いのでしょうか。
調査によると約70パーセント以上の女性が気にせずアプローチをかけると答えているようです。
相手がいるからといってあきらめる人は意外と少ないということですね。

その語略奪愛がなりたっている人も多いようで、略奪愛を悪いことと思わない傾向があるようにも見えます。
確かに元恋人は悲しむかもしれませんが、それはアプローチに負けてしまった方にも責任がありますし、あまり深く悩む必要はないのかもしれません。

略奪愛は幸せになれるか

ただし注意したいこともあります。
見事相手を奪い取り付き合い始めたといってその恋が幸せな恋になるのかは非常に怪しいところなのです。

よく考えてみて下さい。
略奪された側は、また略奪される可能性が高いとは言えないでしょうか。
一度浮気歴があるということになりますし、また浮気相手を選んだということにもなります。

男性に対する浮気調査では、浮気をしたことがある男性のおよそ半数はさらに浮気を繰り返していると回答しています。
相手が、今回の一度しか浮気をしないという確証はありません。

そんな不安をどこかに隠しながら幸せに付き合っていくのは難しいかもしれません。
何か違和感があると疑ってしまい、結局元の恋人のもとへ逃げられてしまったなんて声もあります。
略奪愛をするからには相手が離れられない魅力を持つ、相手のことを全面的に信じるなど努力をすることも大切のようです。

幸せな恋愛とは

略奪した側にも問題がある場合があります。
略奪するという行為に対して満足をしてしまい、略奪したのに好きな気持ちが薄れてしまったという声も多いのです。
また略奪愛を繰りかえしてしまう人もいます。

このような場合はしっかりと本当にその人のことが好きなのかを考えてみる必要があります。
いいなと思ったらすぐに突っ走ってしまうのではなく、ワンクッションおいてから行動に移すとよいでしょう。
略奪愛で友情が壊れたというケースもよくあるようです。
略奪が目的になってしまっていては敵も増えてしまいますし、何より自分がむなしくなってしまう可能性もあります。

本当に幸せな恋愛をするためにも、相手と自分がお互いに同じ未来を想像できているか、相手のことを信じる覚悟があるのかなどよく考えてから行動に移す必要がありそうです。
略奪愛で幸せになるためには、普通の恋愛よりも努力しなくてはいけないかもしれないですね。