デメリット:仕事が手につかない

恋愛至上主義のデメリットは、あまりにもその恋愛にハマり込んでしまって、
恋愛以外のことに集中することができなくなってしまう状態になってしまうことです。

社会人になってから恋愛をしている人では、
仕事をしていても上の空になって普段ならありえないようなミスを連発してしまったり、
締め切りまでにしなくてはいけないことに
間に合わせることができなくなったりということが起こります。

仕事にプライベートを持ち込むのは社会人としてはいけないこととわかっていても、
恋愛が心の中心にきてしまっていると、
そこから受ける傷や悩みは何をするにしても大きな影響を受けてしまいます。

恋愛の悩みのやっかいなところは、同性の友人や家族など他の親しい人と過ごしていても
簡単に恋愛の悩みを払拭することができないということです。

一度恋愛のデススパイラルに入り込んでしまうと、
時間が解決してくれるのを待つ以外には解決をする方法はありません。

そんなふうになりたくないと思っていても、突然に襲ってくるのが恋愛の悩みです。

 

反対に考えると、他の何にも手がつかないほど誰かを好きになれるというのは、
幸せなことかもしれません。

両思いの場合にそんな不安が起こるのは、相手の気持ちが
本当に自分に向いているんだろうかという疑問が沸き上がってしまったときです。

好きと言ってくれている言葉が本当の気持ちなのか、
自分に対して口に出さない不満を持っているんじゃないかと、
考え始めるときりがないほどの悩みがでてきてしまいます。

恋愛にどっぷりと浸かっているとき、
一つの疑惑が出てくるとそこからずるずると芋づる式に疑問や不安がでてきます。

もし仕事中にそんな気持ちになってしまったら、
とりあえず仕事の手をとめて深呼吸をしながら気持ちを
どこか別のことに集中できるようにコントロールをしていくようにしましょう。

 

もっと切ないのは片思いのときですね。

恋愛経験が少なく自分にあまり自信がないと、
片思いをしていてもどうしてよいかわからず不安ばかりが先行していってしまいます。

もしそこで少し積極的になれれば、思い切って自分から誘いをかけてみたり、
自分への気持ちを聞いてみる勇気が出てくるかもしれません。

片思いが切なくて仕事に手がつかなくなったら、
おしゃれをしたり美容に気を遣ってみたり、
何か自分に自信を持つことができるような行動をとってみることをおすすめします。