片思いから卒業したいあなたに

楽しいけど苦しい片思い。
なかなか両想いになれずに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

実は両想いに近づくためのテクニックがあるのです。
今回はそのテクニックをご紹介します。
チャレンジして片思いから卒業しましょう。

追いかけられる女になろう

片思いの最中は彼を振り向かせようとついついアプローチが多めになりがちですよね。
メールをたくさんしてしまったり何かとかかわろうとしてしまったり。
実はこれあまり効果がないどころかむしろ逆効果なのです。

男性は女性が自分のものだと認識すると安心してしまい、女性に対してのアプローチなどをやめてしまう傾向があります。
片思い中に積極的になりすぎると、男性はこの女性は自分に気があると余裕を感じてしまい、自分から動こうとしなくなってしまうかもしれないのです。

ではどうしたらいいのか。
男性の狩猟本能を刺激しましょう。
届きそうで手の届かない女性を演出するのです。

大事なのは余裕を持つことです。
彼への好意はしっかりとあらわすものの、あまりアプローチはしない。
そうすることで男性は自然とあなたのことが気になってくるはずです。

また相手のことだけを考えていると、どうしてこんなに努力しているのに報われないのだろうとついつい悲観的になりがちです。
相手以外のことも考えられる余裕を持ち、充実していて、いつも楽しそうだという印象を相手につけることをお勧めします。

彼に夢中になりすぎて彼との時間を増やしすぎるのではなく、会わない時間をしっかりと作り、その間に自分の魅力に磨きをかけるとよいでしょう。
外見だけの魅力を磨くのではなく、内面からも愛される女性をめざすとよいでしょう。
たとえば料理の腕を上げるなども、女性な家庭的な面にあこがれを抱く男性には効果的かもしれません。

聞き上手になろう

モテる女性に聞き上手が多いように、男性にとって話をちゃんと聞いてくれる女性は魅力的に映ります。
男性が話しているときは笑顔でしっかりと話を聞き、リアクションをとるようにしましょう。

自分のことを知ってもらおうと思う気持ちはわかりますが、あくまで聞く立場に回り、男性から話を引き出すようにしましょう。
話を引き出したら、その話題の中から自分との共通点、自分の興味のある分野を見つけ出すとよいでしょう。

共通の趣味が見つかれば、一気に距離を縮めるチャンスになります。
興味があるけれど、あまり詳しくないことなどについては男性に教えを乞うとよいでしょう。
男性は頼られることが好きなので、質問をすることで好感度を上げることができます。
また、ぜひ挑戦してみたかった、今度連れて行ってくださいなどとお願いをすることで、自然とデートの約束を取り付けることができますし、相手も頼られていると感じるようです。

運命に意外と弱い?

女性は運命という言葉が好きですよね。
男性も実はこの言葉に弱いのです。

たとえばメールをしていたら、同じタイミングで送信してしまったなどという経験ありませんか。
そのようなときはチャンスです。
その偶然に対して、すごいなどと感想を述べるようにしましょう。
男性側も特別な何かがあるのかもと思うようになるでしょう。

その証拠に多くの男性は最初にあった時に居心地がいいと感じたということを結婚したい女性の条件としてあげています。
そのような特別や運命といったキーワードをさりげなく使うことで相手にとって自分が特別な存在であることをアピールするとよいでしょう。

このようなポイントに気を付ければ両想いへの道は近いはずです。
挑戦してみてはいかがでしょうか

SLlov7uK
zenkend@zenken.co.jp