生まれながらにスポーツや芸術で上手い下手があるように、
恋愛にも上手い人と下手な人がいるようです。
恋愛が上手い人というのは早いうちから素敵な相手と出会い、
長く関係を続けていくことができますが、反対に下手な人となると
何回誰かと付き合ってもうまくいかずに自分を追い込むことになってしまいます。
ただしスポーツや芸術分野で最初は下手だった人がそのあとの努力で
最初からうまい人をどんどん追い抜いていくことがあるのと同じく、
恋愛も経験を積むことでよい相手との幸せな生活を見つけることが
できるようになっていくものです。
何度繰り返しても同じ悪循環に陥ってしまう人というのはつまり、
前の経験から新しい一歩を踏み出す準備が十分にできていない可能性があるということです。

良い恋愛/ダメな恋愛について考えるなら、
何が良くて何が悪いかということを深く考えてみる必要があります。
ダメな恋愛とは言い換えれば「ダメな相手との恋愛」でもあります。
ですがこの「ダメ」という定義は全ての女性にとって共通というわけではなく、
その人のライフスタイルに合わない相手ということなので、
まずそこを誤解してはいけません。
たとえば細やかに優しさを見せてくれるような相手であれば
多少収入などが少なくても構わないという人もいるでしょうし、
反対にある程度の収入がなければ将来的に不安が大きすぎるという人もいるでしょう。
なので何をもって「ダメ男」と呼ぶかについては、自分にとってどういう生活が
一番よくないことであるかということを逆算して考えてみることから始めましょう。

ダメな恋愛ばかりを繰り返してしまっている人の特徴を探ってみると、
ほとんどの場合でいけないとわかっていつつも相手のペースに
ずるずると引きずられていっています。
お金にしても時間にしても体関係にしても、
自分は内心では「嫌だなあ」と思っていても相手から嫌われたくない、
恋愛していたいと思っているため、
やりたくないことをする恋愛スタイルに陥ってしまっているのです。
ただ、相手のわがままや要求を全くうけつけないのが良い恋愛というわけではありません。
問題は甘えたりわがままを言ったりという要求が、
きちんと公平な関係の中で行われているかということです。

もし公平さがないな、相手からの要求が強すぎるなと思ったら、ビシっと「嫌だ」という
意思表示ができなければ、長くよい関係を続けていくことはできないでしょう。
自分本位になるのではなく、自分を大切にすることがまず、
ダメな相手を遠ざける第一歩です。

creator
info@sakurabo.co.jp