ダメな女の条件

誰しも恋愛をするなら自分も相手も幸せを感じることができる関係を築いて行きたいと思うものですよね。
ですが、実際のカップルを見てみると必ずしもそうしたお互いが幸せいっぱいというふうに関係を継続しているわけではありません。
恋愛をしはじめた頃や付き合ったばかりの頃というのは相手の良いところが多く見えるものですが、次第に相手の存在に慣れて色々な面が見えてくるようになると、許せないと思えるところややめてもらいたいと思えるところが出てくるものです。
自分としてはありのままの姿を見せているつもりでも、相手にとってはそれをされるたびに恋愛感情がどんどん冷めていってしまうということもあるので、長く関係を続けるためにはそうした悪いクセは早めになくす努力をしていくべきでしょう。

恋愛下手とされる女性の場合、ちょっとよい感じになった男性がいてもそこから関係を進めることができなかったり、付き合い初めることができてもすぐに別れてしまったりします。
そうした恋愛への失敗があるとつい自己嫌悪をしてしまうものですが、どういうわけか何度反省をしても結局同じことを繰り返して先へ進むことができないというようなこともよくあります。
なぜ自分にはうまくいく恋愛ができないかという悩みを感じたなら、まずは自分の行いについて少し振り返ってみることをおすすめします。

恋愛下手であるかどうかということは、外面よりもむしろ内面や普段の行動の中にあるクセが大きく関係してきます。
一般的な傾向としてまとめれば、いわゆる恋愛下手な女性には以下のような特徴があります。

・愚痴しか言わない女性
・下品な女性
・わがままな女性
・嫉妬し過ぎる女性
・恋愛依存症な女性

これらは誰もなりたくてなるものではありませんが、素に近い状態になればなるほど相手にとって重くのしかかってくるものです。
本当の自分を知ってもらいたいという気持ちは恋愛をすれば自然とわきあがる感情ではありますが、だからといって自分の中の暗黒面まですべて受け入れてほしいというのは長く一緒にいる相手を探すには不適切な感情です。
恋愛をしていくときには、一緒にいる相手にとってストレスになるような行動を慎むようにするという気遣いも大切になってきます。

上記のような女性にならないためにも、どういったときにそうした行動をとってしまいがちかということを知り、自分がそれに当てはまっていないかを日々省みてみるようにしてください。